方言ニュース 解説 9月11日

はいたい。ちゅーや、ほうげんにゅーそー、解説(かいせつ)しみそーちゃん。ぐすーよー、くりゆでぃ くぃみそーり。ゆたさるくぅとぅうにげーさびら。わんねーなまフィンランドんでぃくらちょーるくとぅ、くまぬでーじひーさるくとぅ、うちなーぬてぃーだぬなちかさんでぃ思やびん。

 

ぐすーよー ちゅーうぅがなびら。

一時(いちじ)ぬ 方言(ほうげん)にゅーす うんぬきやびーん。

ちゅーや 琉球新報(りゅうきゅうしんぽう)ぬ にゅーすから うしらし うんぬきやびーん。

まちぐゎーぬ といれ問題(もんだい)にちーてぃ かんげーゆる 地域円卓(ちいきえんたく)会議(くゎいぎ)ぬ くぬふどぅ 那覇市(なはし)ぬ てんぶすほーるうぅてぃ むゆーさってぃ 平和通り(へいわどおり)そーな 商店街(しょうてんがい)とぅ、かかわいぬ あみしぇーる方々(かたがた)とぅか まちやぬ ぬーし、うりから うみかきとーみしぇーたる てーげー 五百人(ごひゃくにん)ぬ 市民(しみん)ぬ まじゅんなてぃ 商店街(しょうてんがい)ぬ といれ問題(もんだい)にちーてぃ、ちゃーせー しむがやーんでぃぬ くぅとぅ、うぬ解決法(かいけつほう)ぬ てぃだてぃにちーてぃ、いちゃいはんちゃい 吟味(じんみ)しみそーちゃんでぃぬ くとぅやいびーん。

  • かんげーゆる
    かんがえる。動詞「かんげーゆん」(考える)の連体形。
  • くぬふどぅ むゆーさってぃ
    このほど催されて。動詞「むよーすん」 (催す)のテ形。
  • ぬーし(p.208)
    主。持ち主。
  • うみかきとーみしぇーたる
    ご覧になられていらっしゃる。 動詞 「うみかきゆん」(ご覧になる) + 敬語「みしぇーん」( お〜になる)の連体形
  • ちゃーせーしむがやー
    どうしたらいいのかな。   疑問詞「ちゃー」(どうしたら)+動詞「すん」 の条件形「せー」(すれば)+ 動詞「しむん」 の尾略形「しむ」+「がやー」(かな, かしら(p.79))
  • いちゃいいはんちゃい(p.25)
    自問自答。言ったり答えたりすること。
  • 吟味(じんみ)(p.138)
    協議。吟味。
  • しみそーちゃん
    動詞「すん」 (する)+ 敬語 ミシェーンの過去•終止形

 

 

うぬ会議(くゎいぎ)うぅてー、商店街(しょうてんがい)とぅ かかわいぬ あみしぇーる 方々(かたがた)が 公設(こうせつ)市場(いちば)そーな 商店街(しょうてんがい)うぅてぃ、こーいむんしーが めんしぇーる方々(かたがた)ぬ ちからりゆる といれぬ いきらさんでぃ いち、とぅいあぎみそーち、平和(へいわ)通り(どおり)ぬ まちやぬ ならどーる仕組み(しくみ)から むちかさんでぃぬくぅとぅ、あんし事業者(じぎょうしゃ)びけー じっしぇー みぐらちぇー いからんでぃいち、なまぬ しじゃま 説明(しちめい)しみそーちゃん でぃぬくとぅやいびーん。

  • こーいむんしーが
    買い物するために 。(長い連用形+しーが)
  • ちからりゆる
    使われる。動詞「ちかいん」(使う)の受け身形(未然形+りゆん・りーん)+ 「ゆる」は後ろに名詞があるので連体形。
  • いきらさん
    少ない。
  • とぅいあぎみそーち
    お取り上げになって。動詞 「とぅいあぎゆん」(取り上げる) (p.3) + 敬語 「みしぇーん」のテ形。
  • ならどーる
    ならんでいる 。動詞「ならぶん」(並ぶ)の継続・連体形。
  • むちかさん
    形容詞 難しい
  • あんし
    そして。それで。(p.13)
  • びけー
    だけ、ばかり。
  • じっしぇー
    実施は。「実施」+「や」、発音上で「じっしぇー」。
  • みぐらちぇー
    めぐらしては。動詞「みぐらすん」(回す)のテ形「みぐらち」+「や」
  • しじゃま
    様子、態度、さま。(p.125)
  • 説明しみそーちゃん
    説明されました。動詞「 すん」 (する)+敬語「ミシェーン」の過去形。

 

うりから みぐらちょーる 居酒屋(いざかや)とーびちに、といれびけー 実施(じっし) まちや かとーみしぇーる めーいぃきがぬかたー、「なー といれぬ かいちんだきっし、居酒屋(いざかや)ぬ べーぬ 家賃(やちん) はらいびーん」でぃ いみそーち、んなっし ちからりーる 共同(きょうどう)ぬ といれん (要り用)いりよー んでぃ いち、くぅとぅば  ちわみみそ−ちゃん でぃぬくとぅ やいびーん。

  • みぐらちょーる
    回している。 動詞 「みぐらすん」(めぐらす・回す)の 継続・現在・連体形。ここでは、「経営している」という意味。
  • とーびちに
    とは別に。「とぅ」+「や」(とは)、発音上「とー」。「びちに」は「別に」。
  • かとーみしぇーる
    かりていらっしゃる。動詞「かいん」の継続形「かとー」に尊敬を表す助動詞「みしぇーん」の連体形「みしぇーる」をつけた形。
  • めーいぃきがぬかたー
    男性の方は。「めー」は、尊敬を表す接頭辞。「いぃきが」(男)+「ぬ」(の)+「かた」(方)+「や」(は)。「かたや」は発音上「かたー」となる。
  • かいちんだきっし
    借りる賃だけで。動詞「かいん」(借りる)の連用形 「かい」+   「ちん」(賃)だと思う。「だき」(だけ)+「っし」(で)。「っし」は手段の「で」。「だき」は日本語の「だけ」と同じ。「びけー」ともいう。
  • はらいびーん
    払います。動詞「はらいん」(払う)の丁寧形。
  • いみそーち
    おっしゃって。動詞「っゆん」(言う)の 連用形「い」に尊敬助動詞 「みしぇーん」で「いみしぇーん」(おっしゃる)。「みそーち」は「みしぇーん」のテ形。
  • んなっし
    皆で。
  • ちからりーる
    使える。「ちかゆん・ちかいん」(使う)の可能・連体形・「ちからりーん」は、受身(使われる)の意味も可能(使える)の意味をも表す。
  • ちわみみそーちゃん
    お決めになった。動詞「ちわみゆん」(決める 決定する)の連用形「ちわみ」に尊敬助動詞「みしぇーん」の過去終止形「みそーちゃん」をつけた形 。

うりんかいていっし、那覇市那覇町中振興課(なはしなはまちなかしんこうくゎ)とぅっしぇー、といれ みーくに ちゅくいる べーに ちーてぇー 八千万(はっせんまん)近(ちか)く かかいんでぃ いち 報告(ほうこく)しみそーちゃん   でぃぬ くぅとぅ。うぬふかー 防犯対策(ぼうはんたいさく)、なー やなくとぅ、うくらちぇーならんでぃいち、うりん 要り用(いりよー) んでぃぬ いちぬやさったんでぃぬ くぅとぅやいびーん。うりから 有識者(ゆうしきしゃ)からー、ゆすぐにぬぐぅとぅ、じんはらてぃ ちからりーる共同(きょうどう)ぬといれとぅか、平和通りぬにーけーぬあちゅーる部屋(へや)んかい仮設(かせつ)といれうちゅるこくぅとぅぬ、いちんとぅし、んじゃさったんでぃぬ くとぅやいびーん。

 

  • うりんかいていっし
    おそらく、「それに対して」だろう。
  • とぅっしぇー
    おそらく「としては」だろう。
  • ーくに  ちゅくいる
    新しく作る。「みーくに」は新しく。ちゅくいるは動詞「ちゅくいん」の連体形
  • うくらちぇーならん
    起こしてはならない。「うくらすん」は「起こす」という意味。「うくらちぇー」(起こしては)+「ならん」(ならない」。
  • でぃいち
    と言って。
  • うりん 要り用(いりよー) んでぃぬ いちぬやさったんでぃぬ
    この必要性のことを、
  • ゆすぐにぬぐぅとぅ
    外国のように。
  • にーけーぬあちゅーる部屋(へや)
    二階の空いている部屋。 「にーけー」は「二階」+「ぬ」(の)+「あちゅーる」は 「あちゅん」(空く)の継続•連体形。

うりだけー あいびーらん。会場(かいじょう)からー まちやめぐらちょーる方々(かたがた)がいいまーるうっし ゆるゆなか といれみーまーいするくとぅとぅか、あかがらするくぅとぅにゆってぃ、防犯(ぼうはん)なーやなくとぅぬ おこりらんくぅとぅ、ちーちきーるくぅとぅ、うりからじんはらてぃから、といれちかたい ちちょーし携帯(けいたい)するくぅとぅぬないる ぱうだーるーむうちゃーに 経営(けいえい)するくぅとぅそーな 様々(さまざま)なあいでぃあぬ うっじゃさったんでぃぬ くぅとぅやいびーん。

広告

9月20日 方言ニュース 書きおこし 

今日の方言ニュースは、那覇のまちぐゎー、すなわち公設市場のトイレ問題についてです。ちなみに、まだ解説はつけていませんが、ちょっとお待ちください。

私は、沖縄本島南部の島尻郡与那原町というところで育ちましたが、私の祖母と良く一緒にバスで那覇のまちぐゎーに行きました。那覇は都会だから、那覇に行くというのは、小さいころの私にとって、ちょっとした贅沢で、祖母と那覇まで買い物に行くのを楽しみにしていました。

与那原には昔はヤンバルと南部の交流のための山原船が通っていたし、沖縄戦前にはケービン鉄道が通っていて、栄えていたのだということや、それから与那原テックというディズニーランドふーじーの遊園地もあったそうで、那覇の街へ行くバスの中でそのような昔の話を良くしてくれました。

公設市場といえば、今では私の子どもの頃とは少し変わって、観光客が多くなり、いろいろな国から人が来るようになっていますが、沖縄の言葉ももっと飛び交うようになったらいいのになぁと思います。

 

2016年 9月20日 方言ニュース

伊狩典子先生

ぐすーよー ちゅーうぅがなびら。

一時(いちじ)ぬ 方言(ほうげん)にゅーす うんぬきやびーん。

ちゅーや 琉球新報(りゅうきゅうしんぽう)ぬにゅーすから うしらし うんぬきやびーん。

まちぐゎーぬ といれ問題(もんだい)にちーてぃ かんげーゆる 地域円卓(ちいきえんたく)会議(くゎいぎ)ぬ くぬふどぅ 那覇市(なはし)ぬ てんぶすほーるうぅてぃ むゆーさってぃ 平和通り(へいわどおり)そーな 商店街(しょうてんがい)とぅ、かかわいぬあみしぇーる方々(かたがた)とぅか まちやぬ ぬーし、うりから うみかきとーみしぇーたる てーげー 五百人(ごひゃくにん)ぬ 市民(しみん)ぬ まじゅんなてぃ 商店街(しょうてんがい)ぬ といれ問題(もんだい)にちーてぃ、ちゃーせー しむがやんでぃぬ くくぅとぅ、うぬ解決法(かいけつほう)ぬ てぃだてぃにちーてぃ、いちゃいはんちゃい 吟味(じんみ)しみそーちゃんでぃぬ くとぅやいびーん。

うぬ会議(くゎいぎ)うぅてー、商店街(しょうてんぐわぁい)とぅ かかわいぬあみしぇーる方々(かたがた)が 公設(こうせつ)市場(いちば)そーな 商店街(しょうてんがい)うぅてぃ、こーいむんしーが めんしぇーる方々(かたがた)ぬ ちからりゆる といれぬ いきらさんでぃ いち、とぅいあぎみそーち、平和(へいわ)通り(どおり)ぬ まちやぬ ならどーる仕組み(しくみ)から むちかさんでぃぬくぅとぅ、あんし事業者(じぎょうしゃ)びけー じっしぇー みぐらっちぇー いからんでぃいち、なまぬ しじゃま 説明(しちめい)しみそーちゃん でぃぬくとぅやいびーん。

うりから みぐらちょーる居酒屋(いざかや)とーびちに、といれびけーじっし まちやかとーみしぇーるめーいけがぬかたー、「なー といれぬかいちぇんだきっし、居酒屋(いざかや)ぬ べーぬ家賃(やちん)はらいびーん」んでぃいみそーち、なっしちからりーる共同(きょうどう)ぬ といれんいりよーんでぃ いち、くぅとぅば ちわみみそ−ちゃんでぃぬ くとぅやいびーん。

うりんかいていっし、那覇市那覇町中振興課(なはしなはまちなかしんこうか)とぅっしぇー、といれみーくにちゅくいる べーにちーてぇー 八千万(はっせんまん)近(ちか)くかかいん、んでぃち 報告(ほうこく)しみそーちゃんでぃぬ くぅとぅ。うぬふかー 防犯対策(ぼうはんたいさく)、なーやなくとぅ、うくらちぇーならんでぃ いち、うりんいりよーんでぃぬ いちぬやさったんでぃぬ くぅとぅやいびーん。

うりから 有識者(ゆうしきしゃ)からー、ゆすぐにぬぐぅとぅ、じんはらてぃ ちからりーる共同(きょうどう)ぬといれとぅか、平和通りぬにーけーぬあちゅーる部屋(へや)んかい仮設(かせつ)といれうちゅるこくぅとぅぬ、いちんとぅし、んじゃさったんでぃぬ くとぅやいびーん。

うりだけー あいびーらん。会場(かいじょう)からー まちやめぐらちょーる方々(かたがた)がいいまーるうっし ゆるゆなか といれみーまーいするくとぅとぅか、あかがらするくぅとぅにゆってぃ、防犯(ぼうはん)なーやなくとぅぬ おこりらんくぅとぅ、ちーちきーるくぅとぅ、うりからじんはらてぃから、といれちかたい ちちょーし携帯(けいたい)するくぅとぅぬないる ぱうだーるーむうちゃーに 経営(けいえい)するくぅとぅそーな 様々(さまざま)なあいでぃあぬ うっじゃさったんでぃぬ くぅとぅやいびーん。

ちゅーぬ 方言(ほうげん)にゅーそー、まちぐわぁーぬ トイレ問題(もんだい)にちーてぃ、かんげーゆる地域円卓会議(ちいきえんたくわぁいぎ)ぬ、くぬふどぅ 那覇市(なはし) テンブスホールうてぃむゆーさってぃ、平和通り(へいわどうり)そーな商店街(しょうてんぐわぁい)とぅー かかわいぬあみしぇーる方々(かたがた)とぅか、まちやぬぬーし、うりからー うみかきとーみしぇーたる てーげー ごひゃくにんぬ市民(しみん)ぬまじゅんなてぃ、商店街(しょうてんがい)ぬといれ問題(もんだい)、ちゃーされーましなてぃいちゅがんでぃんことぅ、くぬ解決(かいけつ)ぬ てぃだてぃにちーてぃ、いちゃいはんちゃい 吟味(じんみ)しみそーちゃんでぃぬくぅとぅにちーてぃ、琉球新報(りゅうきゅうしんぽう)ぬにゅーすから うしらし うんぬきやびたん。

方言ニュース2016年9月16日パート2・疑問文の係り結び「が〜ら」

ぐすーよー、ちゅーうぅがなびら。なまー、ラップランドから ヘルシンキまでぃぬ 電車んかい 乗《ぬ》とーいびーしが、9月16日ぬ 方言ニュースぬ パート2 紹介さびら。短《いんちゃ》さいびーしが、いっぺー うむさる 「係り結び」んでぃる、うちなーぐちぬ 文法ぬ 使《ちか》らっとーいびーくとぅ、是非《じひ》 読《ゆ》でぃくぃみそーり。

(未《なー》だ 読《ゆ》でーうぅらんれー、パート1 読《ゆ》でぃくぃみそーり。)

前回のポストでは、糸数昌和先生による9月16日の方言ニュースの最初のユンタクの一部の書きおこしを紹介しましたが、このポストでニュースに入る前の残りのユンタクの書きおこしと解説をまとめてみました。

非常に短いものですが、最初の文には面白い文法が出ていますので、少し説明しましょう。ウチナーグチの疑問文は、疑問詞(何、どこ、誰など)が入るものだと、基本的には「が」で終わります。この「が」は、文法的に動詞終止形の「ん」の代わりに使われます。例えば、「行きます」の終止形はウチナーグチでは「いちゃびー」となりますが、「どこに行きますか」は「まーかい いちゃびー」となります。

しかし、この文法は、基本的に主文の、実際に相手に答えを求めているように使われる疑問文に限られるようです。補文(埋め込み文)では、別の文法パターンが使われるようです。例えば、「どこに行きますかわかりません」の「どこに行きますか」は主文ではなく、補文なんですね。これをウチナーグチに直すと、「まーかい いちゃびー わかいびらん」となります。補文では、「が」は疑問詞の近くに使われ、動詞の最後に「ら」が使われます。補文以外に、「いったい〜だろうか」のような意味を表す文にも使われるそうです。

この現象は、昔から日本語学者・言語学者から「係り結び」として分析され、ウチナーグチにおける有名な文法の特徴です。これについての細かい研究も多いけど、最近ではこういうパターンがだんだん使われなくなりつつあるようです。しかし、今回の書きおこしの最初の文に出ていますので、言語学者として大変喜びました。言語学者って、こんなので喜びますよ。多分。

さて、音を聞きながら、書きおこしを読んでみてください。

えー うり しむしが、 たいふーじゅーろくごーん まーんかいが みぐてぃ いちゃびーら いっぺー しわ やいびーん。
ええ それは いいけど、 台風16号も どこに 回って 行くのか とても 心配 です。

しむしが
済むけど。動詞「しむん」(済む)の現在・尾略形に「しが」(けど)が付いた形。ここでは、「いいけど」と訳しました。

〜ん
〜も

まーんかいが
どこにか。「まー」(どこ)+「んかい」(に)+「が」(か)。後で出てくる動詞「いちゃびーら」の接尾辞「ら」に結ばれて、いわゆる「係結び」の構文をなしている。

みぐてぃ
回って。動詞「みぐいん」(回る)のテ形。

いちゃびーら
行きますか。動詞「いちゅん」(行く)の丁寧・現在形「いちゃびー」に、疑問詞の係助詞「が」と結ばれる接尾辞「ら」が付いた形。

しわ
心配

やいびーん
です。動詞「やん」(である)の丁寧・現在形。

ぐすーよーん きー ちきてぃ くぃみそーりよーさい。
皆様も 気を つけて ください。

ぐすーよーん
皆様も。「ぐすーよー」+「ん」。「ん」は「も」に相当する助詞。

きー ちきてぃ
気をつけて。「ちきてぃ」は動詞「ちきゆん・ちきーん」(つける)のテ形。ウチナーグチには日本語の「を」に相当する格助詞はない。

くぃみそーりよーさい
ください。動詞「くぃーん」(くれる)の連用形「くぃ」に敬語「みせーん」の命令形「みそーりよー」に丁寧の「さい」が付いた形。

とーさい あんしぇー いちじぬ ほーげんにゅーす うんぬきやびら。
さあ それでは 1時の 方言ニースを 申し上げましょう。

とーさい
沖縄でよく耳にする「とー」を丁寧にするため「さい」をつけた形。

うんぬきやびら
申し上げましょう。動詞「うんぬきゆん・うんぬきーん」(申し上げる)の丁寧・志向形。「〜やびら」で、「〜ましょう」。

これからは、ニュースにやっと入るところですね。また次回のポストでその書きおこしをアップしますので、それまで原音を聞いて自分でチャレンジしてみてください。

あんしぇー、また あとぅから やーさい!

方言ニュース2016年9月16日の書きおこし:パート1

ぐすーよー、ちゅーをぅがなびら。ウチナーグチぬ 勉強そーいびーる っちゅぬちゃーぬ たみに ブログ ちゅくやびたん。わんねー なーだうちなーぐちぇー あんすか でぃきてーをぅらんむんぬ、どーでぃん ゆたさるぐとぅ うにげーさびら。

今日は「しまくとぅばの日」でしたね。私は沖縄に引っ越してからもう5年目に入ってますが、今日を機会にしてウチナーグチや他の島くとぅばの勉強についてのブログを作って見ました。ウチナーグチはまだあまり出来ていませんが、何卒よろしく御願いいたします。

うちなーぐちの勉強には、やはり方言ニュースを聞くのがいいですね。ここでは、糸数昌和先生による9月16日の方言ニュースの、ニュースに入る前の最初の話の書きおこしをしてみましたので、よかったら以下の書きおこしと解説を読みながら、聞いてみてください。残りの書きおこしは、少し後で別のポストでアップします。

ちなみに、今回の話は十五夜の「ふちゃぎ」についての話をされますが、沖縄の人なら説明する必要はないでしょうけど、十五夜とは、旧暦の8月15日に満月を拝むお祝いで、ふちゃぎとはその際に(その祭に?)食べる一種の餅(むーち)で作った菓子(くゎーし)。私は残念ながら、今年の十五夜は沖縄を離れていたので、食べられませんでした。来年食べるのを楽しみにしましょう。

さて、方言ニュースの書きおこしパート1を聞きながら読んでみてください。コメントや質問などありましたら、じひ ちかちくぃみそーりよーさい!

きゅーれけー はちぐゎつぬ じゅーろくにち なとーやびーん。
旧暦は 八月の 16日と なっています。

きゅーれけー
旧暦は。きゅーれき+や、発音上「きゅーれけー」

はちぐゎつぬ
八月の。うちなーぐちの独特な発音 gwa が出てますね。gatsu ではなくて、gwatsuとなっています。この他に、例えば「老人会」を「ろーじんくゎい」roojinkwai などの発音があります。

なとーやびーん
なっています。動詞「ないん」(なる)の継続・丁寧・終止形 (nat-oo-yabi-i-n)。「なとーいびーん」ともいう。

ちぬーや きゅーれき はちぐゎつぬ じゅーごにち じゅーごやー やいびーたしが
昨日は 旧暦 八月の 15日 十五夜  でしたが

ちぬーや
昨日は。「や」は、日本語の「は」に相当する。

やいびーたしが
でしたけれども。動詞「やん」(である)の丁寧・過去・尾略形「やいびーた」+「しが」(けれども)。

ぐすーよー ちちぇー うがみみそーちゃがやーさい。
皆様 月は お拝みになったでしょうか。

ぐすーよー
皆様。

ちちぇー
月は。「ちち」(月)+「や」(は)、発音上「ちちぇー」。

うがみみそうちゃがやー
お拝みになったかな。動詞「うがむん」(拝む)の連用形「うがみ」に、尊敬語を表す助動詞「めせーん」の過去・尾略形「みそーちゃ」に終助詞「がやー」(かな)。

さい
聞き手に丁寧な態度を表す敬語。「はいさい」の「さい」と同じ。女性なら「たい」を使う。

わんねー いっぺー くぬ ふちゃぎが いっぺー しち やいびーぐとぅ
私は とても この ふちゃぎが とても 好き ですから

わんねー
わたしは。

いっぺー
とても

しち
すき

やいびーぐとぅ
ですから。動詞「やん」(である)の丁寧・現在・尾略形「やいびー」+「ぐとぅ」(〜ので・から)。「ぐとぅ」は「くとぅ」ともいう。

まちぐゎーんじ なま ふちゃぎ こーてぃ ちょーいびーしが
市場で 今 ふちゃぎを 買って 来ましたが

まちぐゎーんじ
市場で。「まちぐゎー」は「市場」の意味。「〜んじ」は場所の「で」。

なま

こーてぃ
買って。動詞「こーゆん・こーいん」のテ形。

ちょーいびーしが
来ていますが。不規則動詞「ちゅん」(くる)の、継続・丁寧・尾略形「ちょーいびー」+「しが」(けれども)。日本語訳では「来ました」となりますが、直訳すると「来ています」となりますね。

ちかぐるぬ ふちゃぎんでぃ いしぇー いるんな しゅるいが あいびーんやーさい。
近頃の ふちゃぎと いうのは 色々な 種類が ありますね。

ふちゃぎんでぃ いしぇー
ふちゃぎというのは。「〜んでぃ」は「〜と」で、「いしぇー」は動詞「いーん」(言う)の連用形「い(ー)」に、「の・こと」などを表す「し」+「や」(は)で「い+し+や」、発音上では「いしぇー」。

あいびーんやーさい
ありますね。存在動詞「あん」の丁寧・現在・終止形「あいびーん」+終助詞「やー」(ね)+丁寧な態度を表す「さい」

ふちゃげー ぐすーよー うさがいみそーちゃがやー。
ふちゃぎは 皆様 召し上がったかな。

ふちゃげー
ふちゃぎは。「ふちゃぎ」+「や」、前に出た「きゅーれけー」と同じく、発音上「ふちゃげー」となりますね。

うさがいみそーちゃがやー。
召し上がったかな。「うさがゆん・うさがいん」は「召し上がる」(ウチナーヤマトゥグチでは、「うさがる」と言いますね)。「うさがいん」の連用形「うさがい」+尊敬語助動詞の過去・尾略形「みそーちゃ」+終助詞「がやー」(かな)。