方言ニュース2016年9月16日パート2・疑問文の係り結び「が〜ら」

ぐすーよー、ちゅーうぅがなびら。なまー、ラップランドから ヘルシンキまでぃぬ 電車んかい 乗《ぬ》とーいびーしが、9月16日ぬ 方言ニュースぬ パート2 紹介さびら。短《いんちゃ》さいびーしが、いっぺー うむさる 「係り結び」んでぃる、うちなーぐちぬ 文法ぬ 使《ちか》らっとーいびーくとぅ、是非《じひ》 読《ゆ》でぃくぃみそーり。

(未《なー》だ 読《ゆ》でーうぅらんれー、パート1 読《ゆ》でぃくぃみそーり。)

前回のポストでは、糸数昌和先生による9月16日の方言ニュースの最初のユンタクの一部の書きおこしを紹介しましたが、このポストでニュースに入る前の残りのユンタクの書きおこしと解説をまとめてみました。

非常に短いものですが、最初の文には面白い文法が出ていますので、少し説明しましょう。ウチナーグチの疑問文は、疑問詞(何、どこ、誰など)が入るものだと、基本的には「が」で終わります。この「が」は、文法的に動詞終止形の「ん」の代わりに使われます。例えば、「行きます」の終止形はウチナーグチでは「いちゃびー」となりますが、「どこに行きますか」は「まーかい いちゃびー」となります。

しかし、この文法は、基本的に主文の、実際に相手に答えを求めているように使われる疑問文に限られるようです。補文(埋め込み文)では、別の文法パターンが使われるようです。例えば、「どこに行きますかわかりません」の「どこに行きますか」は主文ではなく、補文なんですね。これをウチナーグチに直すと、「まーかい いちゃびー わかいびらん」となります。補文では、「が」は疑問詞の近くに使われ、動詞の最後に「ら」が使われます。補文以外に、「いったい〜だろうか」のような意味を表す文にも使われるそうです。

この現象は、昔から日本語学者・言語学者から「係り結び」として分析され、ウチナーグチにおける有名な文法の特徴です。これについての細かい研究も多いけど、最近ではこういうパターンがだんだん使われなくなりつつあるようです。しかし、今回の書きおこしの最初の文に出ていますので、言語学者として大変喜びました。言語学者って、こんなので喜びますよ。多分。

さて、音を聞きながら、書きおこしを読んでみてください。

えー うり しむしが、 たいふーじゅーろくごーん まーんかいが みぐてぃ いちゃびーら いっぺー しわ やいびーん。
ええ それは いいけど、 台風16号も どこに 回って 行くのか とても 心配 です。

しむしが
済むけど。動詞「しむん」(済む)の現在・尾略形に「しが」(けど)が付いた形。ここでは、「いいけど」と訳しました。

〜ん
〜も

まーんかいが
どこにか。「まー」(どこ)+「んかい」(に)+「が」(か)。後で出てくる動詞「いちゃびーら」の接尾辞「ら」に結ばれて、いわゆる「係結び」の構文をなしている。

みぐてぃ
回って。動詞「みぐいん」(回る)のテ形。

いちゃびーら
行きますか。動詞「いちゅん」(行く)の丁寧・現在形「いちゃびー」に、疑問詞の係助詞「が」と結ばれる接尾辞「ら」が付いた形。

しわ
心配

やいびーん
です。動詞「やん」(である)の丁寧・現在形。

ぐすーよーん きー ちきてぃ くぃみそーりよーさい。
皆様も 気を つけて ください。

ぐすーよーん
皆様も。「ぐすーよー」+「ん」。「ん」は「も」に相当する助詞。

きー ちきてぃ
気をつけて。「ちきてぃ」は動詞「ちきゆん・ちきーん」(つける)のテ形。ウチナーグチには日本語の「を」に相当する格助詞はない。

くぃみそーりよーさい
ください。動詞「くぃーん」(くれる)の連用形「くぃ」に敬語「みせーん」の命令形「みそーりよー」に丁寧の「さい」が付いた形。

とーさい あんしぇー いちじぬ ほーげんにゅーす うんぬきやびら。
さあ それでは 1時の 方言ニースを 申し上げましょう。

とーさい
沖縄でよく耳にする「とー」を丁寧にするため「さい」をつけた形。

うんぬきやびら
申し上げましょう。動詞「うんぬきゆん・うんぬきーん」(申し上げる)の丁寧・志向形。「〜やびら」で、「〜ましょう」。

これからは、ニュースにやっと入るところですね。また次回のポストでその書きおこしをアップしますので、それまで原音を聞いて自分でチャレンジしてみてください。

あんしぇー、また あとぅから やーさい!

広告

方言ニュース2016年9月16日の書きおこし:パート1

ぐすーよー、ちゅーをぅがなびら。ウチナーグチぬ 勉強そーいびーる っちゅぬちゃーぬ たみに ブログ ちゅくやびたん。わんねー なーだうちなーぐちぇー あんすか でぃきてーをぅらんむんぬ、どーでぃん ゆたさるぐとぅ うにげーさびら。

今日は「しまくとぅばの日」でしたね。私は沖縄に引っ越してからもう5年目に入ってますが、今日を機会にしてウチナーグチや他の島くとぅばの勉強についてのブログを作って見ました。ウチナーグチはまだあまり出来ていませんが、何卒よろしく御願いいたします。

うちなーぐちの勉強には、やはり方言ニュースを聞くのがいいですね。ここでは、糸数昌和先生による9月16日の方言ニュースの、ニュースに入る前の最初の話の書きおこしをしてみましたので、よかったら以下の書きおこしと解説を読みながら、聞いてみてください。残りの書きおこしは、少し後で別のポストでアップします。

ちなみに、今回の話は十五夜の「ふちゃぎ」についての話をされますが、沖縄の人なら説明する必要はないでしょうけど、十五夜とは、旧暦の8月15日に満月を拝むお祝いで、ふちゃぎとはその際に(その祭に?)食べる一種の餅(むーち)で作った菓子(くゎーし)。私は残念ながら、今年の十五夜は沖縄を離れていたので、食べられませんでした。来年食べるのを楽しみにしましょう。

さて、方言ニュースの書きおこしパート1を聞きながら読んでみてください。コメントや質問などありましたら、じひ ちかちくぃみそーりよーさい!

きゅーれけー はちぐゎつぬ じゅーろくにち なとーやびーん。
旧暦は 八月の 16日と なっています。

きゅーれけー
旧暦は。きゅーれき+や、発音上「きゅーれけー」

はちぐゎつぬ
八月の。うちなーぐちの独特な発音 gwa が出てますね。gatsu ではなくて、gwatsuとなっています。この他に、例えば「老人会」を「ろーじんくゎい」roojinkwai などの発音があります。

なとーやびーん
なっています。動詞「ないん」(なる)の継続・丁寧・終止形 (nat-oo-yabi-i-n)。「なとーいびーん」ともいう。

ちぬーや きゅーれき はちぐゎつぬ じゅーごにち じゅーごやー やいびーたしが
昨日は 旧暦 八月の 15日 十五夜  でしたが

ちぬーや
昨日は。「や」は、日本語の「は」に相当する。

やいびーたしが
でしたけれども。動詞「やん」(である)の丁寧・過去・尾略形「やいびーた」+「しが」(けれども)。

ぐすーよー ちちぇー うがみみそーちゃがやーさい。
皆様 月は お拝みになったでしょうか。

ぐすーよー
皆様。

ちちぇー
月は。「ちち」(月)+「や」(は)、発音上「ちちぇー」。

うがみみそうちゃがやー
お拝みになったかな。動詞「うがむん」(拝む)の連用形「うがみ」に、尊敬語を表す助動詞「めせーん」の過去・尾略形「みそーちゃ」に終助詞「がやー」(かな)。

さい
聞き手に丁寧な態度を表す敬語。「はいさい」の「さい」と同じ。女性なら「たい」を使う。

わんねー いっぺー くぬ ふちゃぎが いっぺー しち やいびーぐとぅ
私は とても この ふちゃぎが とても 好き ですから

わんねー
わたしは。

いっぺー
とても

しち
すき

やいびーぐとぅ
ですから。動詞「やん」(である)の丁寧・現在・尾略形「やいびー」+「ぐとぅ」(〜ので・から)。「ぐとぅ」は「くとぅ」ともいう。

まちぐゎーんじ なま ふちゃぎ こーてぃ ちょーいびーしが
市場で 今 ふちゃぎを 買って 来ましたが

まちぐゎーんじ
市場で。「まちぐゎー」は「市場」の意味。「〜んじ」は場所の「で」。

なま

こーてぃ
買って。動詞「こーゆん・こーいん」のテ形。

ちょーいびーしが
来ていますが。不規則動詞「ちゅん」(くる)の、継続・丁寧・尾略形「ちょーいびー」+「しが」(けれども)。日本語訳では「来ました」となりますが、直訳すると「来ています」となりますね。

ちかぐるぬ ふちゃぎんでぃ いしぇー いるんな しゅるいが あいびーんやーさい。
近頃の ふちゃぎと いうのは 色々な 種類が ありますね。

ふちゃぎんでぃ いしぇー
ふちゃぎというのは。「〜んでぃ」は「〜と」で、「いしぇー」は動詞「いーん」(言う)の連用形「い(ー)」に、「の・こと」などを表す「し」+「や」(は)で「い+し+や」、発音上では「いしぇー」。

あいびーんやーさい
ありますね。存在動詞「あん」の丁寧・現在・終止形「あいびーん」+終助詞「やー」(ね)+丁寧な態度を表す「さい」

ふちゃげー ぐすーよー うさがいみそーちゃがやー。
ふちゃぎは 皆様 召し上がったかな。

ふちゃげー
ふちゃぎは。「ふちゃぎ」+「や」、前に出た「きゅーれけー」と同じく、発音上「ふちゃげー」となりますね。

うさがいみそーちゃがやー。
召し上がったかな。「うさがゆん・うさがいん」は「召し上がる」(ウチナーヤマトゥグチでは、「うさがる」と言いますね)。「うさがいん」の連用形「うさがい」+尊敬語助動詞の過去・尾略形「みそーちゃ」+終助詞「がやー」(かな)。